引退を考えている会社オーナーへ

自社株信託の信託契約書のサンプルこちら
(姉妹サイトにリンクしています)


あなたは会社の第一線から引退を
そろそろ考えているでしょうか?

自分の会社の株を後継者に渡すと、
多額の税金がかかることをご存じですか?

株の譲渡は税金が問題

会社の株は普段は意識することはないでしょうが、
これを誰かに渡すとなると、とてもやっかいなものです。

なぜか?

価値は帳簿上のものだけなのに、
タダで渡せば多額な贈与税
(価値が3000万円なら1200万円以上の贈与税)、
売買なら、多額の買い取り資金が必要になります。

売り手側の社長にも所得税が課せられます。
とにかく生前の譲渡は税金がかかります。

遺言を書いて相続で渡せばいいという考えもありますが、
あなたは遺言など書きたくないとお考えではないでしょうか。

毎年少しずつ株式を贈与している人もいます。

これも長い時間がかかりますし、
途中で社長に万一のことが起こる危険もあります。

ましてや、株を渡し終わった後に、
後継者が会社を辞める、などということになったら目も当てられません。

株は役員の人事権

でも、株を後継者に渡すことは重要です。

株は「人事権」だからです。

株を持っている人が、会社の役員を決められます。
人事権を持つことは経営者としては重要です。
その人事権を後継者に渡すために、
会社の株を渡す必要があります。

その株は帳簿上でしか価値がないのに、
渡すのにひと苦労です。

株を後継者にスムーズに渡す方法

そこで、最近できた「民事信託」という制度を使うと、
とてもスムーズに株を譲渡できます。

その特徴は、

  • 株式を生前に渡せるのに贈与税がかからない
  • しかも、後継者に買い取り資金も不要
  • 渡す側の社長にも税金がかからない
  • 遺言を書かなくても、後継者に譲渡できる
  • もし後継者が不適切なら、株式を返してもらえる
  • そのときも税金や買い取り資金は不要
  • これなら、試しに後継者に株を渡してみて、
    ダメなら返してもらうこともできます。

    このようなことが本当にできるのか?
    あなたは疑問に思うかもしれません。

    しかし、この方法は、ある都市銀行が中小企業向けに
    150万円で販売しています。

    驚くような価格ですが、実際、半年で数百件の導入がされました。

    自分でやればこんな費用はかかりません。

    民事信託を使えば、会社の株式をスムーズに後継者に渡すことができます。
    しかも、税金もかからず、買い取り資金も不要です。
    試しに後継者に株を渡してみて、ダメなら返してもらうこともできます。
    返してもらうときも税金はかかりません。

    この民事信託を用いて、自社株を譲渡することを
    「自社株信託」
    と言います。

    このサイトでは、自社株信託について
    紹介しています。

    信託とは?自社株信託とは?

サブコンテンツ

このページの先頭へ